唐突に終わる不完全燃焼は、作者の戦術なのか?

映画「小間使いの日記」(1964年)  

■製作年:1964年
■監督:ルイス・ブニュエル
■出演:ジャンヌ・モロー、ミシェル・ピッコリ、ジョルジュ・ジェレ、他

ルイス・ブニュエル監督の映画「小間使いの日記」は、彼がシュルレアリストであるということを差し引いても、ちょっと不完全燃焼な印象が残る作品と感じました。

ジャンヌ・モロー扮するおしゃれな都会的な女性が、パリからとある田舎のブルジョワの家に小間使いとして働き始めます。その家の住人は皆クセがある人達。この女性は気丈なんだけど美人でおしゃれなので、主人や下僕からも注目の的。その主人は靴フェチで、靴を抱いたまま憤死してしまう。
そんなとき、近所の少女が森のなかで殺されてしまいます。映画の作り方では、あの男が犯人では?と。小間使いの女性も犯人探しに乗り出し、サスペンス風な予想外の展開へとなっていくわけです。

が、謎を提示したままそれが解明されるでなく映画はあれよ、あれよと違う方向に展開しあっけなく終わってしまいます。自分の体を張ってまで犯人を突き止めようとしたモロー演じる小間使いの女性は、従事していた家と敵対する家の元軍人と結婚してしまい、それまでの展開は一体なんだっだと。

人生と意外とこんなもん、不条理の積み重ね。過去の自分と今の自分は時代が変わると境遇も変わるので本当の自分というものに覆いをかけて真逆の立場に身を置くことだってあり得るのだ、ということを言いたいのでしょうか?

それほどに展開が、あれっ?と思わせる、拍子抜けの映画なのでした。ブニュエルの戦術にはまったのか?そうではないのか? 主演のジャンヌ・モローの美しさが目立った映画でした。

Follow me!