無限停滞の中で世界の輪郭が崩れていく様子は、現代の様子に通じているのでは?

映画 「皆殺しの天使」(1962年)

■製作年:1962年
■監督ルイス・ブニュエル
■出演:シルビア・ピナル、エンリケ・ランバル、他

シュルレアリスムの奇才、ルイス・ブニュエル監督「皆殺しの天使」(第15回カンヌ国際映画祭・国際映画批評家連盟賞受賞作品)はとても奇妙な映画です。

映画の宣伝文句には「オペラ観劇後に晩餐会が催された邸宅。20人のブルジョアが宴を楽しんでいる。夜が更け、やがて明け方になっても、誰も帰ろうとしない。次の夜が来ても、誰も帰らない。皆、帰る方法を忘れたか、その気力も失われたかのように客間を出ることができないのだ。・・・」とあるように、映画の登場人物たちは、なぜか客間から出ることができない。

これは何かの象徴的な世界を表しているといえば、たぶんそうなんだろうけれど、難しい。そして、超ヘンな世界なのです。たぶんドアの取っ手に手かけて扉を開けて、足を踏み出せば、容易に屋敷から出ることができるのだろうに、と思うのですが。少なくとも映画では外的な目に見えない圧力がかかっていて外に出ることができないというようには描かれていません。この家の外では、大騒ぎになっていますが。

潜在意識下における集団洗脳、集団催眠のようなものが、魔法のように起きてしまうとわかりきった行為も容易にはできなくなるとブニュエルは言いたいのいのか?あるいは、政治的揶揄なのか、特権階級を笑っているのか?

この映画は、なんと私が生まれた翌年の1962年に作られている。そんな時代から前衛的なものが作られ興行として成立していたということ。物語的には全く意味不明な作品なのに、俳優たちは真剣に演じているのが、また作品の不思議さに輪をかけてきます。

へーっと思ったのは、客間を何とかでようとして、カバラの魔術を使う場面とフリーメーソンの秘密の隠語で部屋を出ようと試みる場面があったこと。カバラもフリーメーソンも魔術、秘密という部分がクローズアップされていたのです。この映画を作ったのはスペインのシュルレアリズムの映像作家ブニュエル。

この映画の不思議さは、作られた時代を超えて現代のコロナ禍の現象に通じるものがあるようにも思います。ウィルスという見えない存在に日本国民全員が囚われ、外に出るときは暑かろうが人がいなかろうがマスクをしている、この不思議で異様な現象。もちろん感染対策というものがあるのはわかっていますが、一方で同調圧力というものがそこに働いているのも事実。メディアから流れ政府がいろいろ発令しますが、私たちはいつ?どのようなきっかけでマスクを外した生活を送ることができるのでしょうか?今の私たちの世界は、まるで屋敷を出ることができない映画の登場人物にも思えてくるのでした・・・。

Follow me!